今、ジビエが熱い!

いつも湯瀬ホテル、スタッフブログをご覧の皆様こんにちは!
本日は今キテいる、「ジビエ料理」についてご紹介します♪

【ジビエ料理ってなに??】
基本的に食材として狩猟された野生の鳥獣のことを指しますが、近年では、
飼育してから一定期間野山に放ったり、生きたまま捕獲して飼育したものもジビエとされています。
代表的なジビエ料理の素材としては、鴨やきじ、いのししや鹿、熊など。
ここ秋田県鹿角市もマタギ文化が残っていることからジビエには馴染み深い地域です。

そんなジビエ料理ですが、今密かなブームになっていることをご存じでしょうか?
一見、野生の鳥獣の肉となると、独特の臭みなどを気にする方も多いのですが、
加工方法や、調理方法によって、美味しくいただくことができるんです!
ジビエ肉は栄養価が高く、脂肪分が少ないのが特徴!
また引き締まった肉質が独特の食感を生み出す、森からの贈り物なのです♪

ジビエといえば旬は冬のイメージがありますが、実は夏でも美味しく頂けるんです!
とくに今話題となっている「鹿肉」は栄養満点で、臭みがなく人気!
そんな鹿肉はここ湯瀬ホテルでもご堪能頂けるのをご存じでしょうか?

当館では「和膳確約プラン」で御宿泊をお申込み頂くと、
夕食の季節の和食膳に「鹿肉のロースト」をご提供しております♪


▲季節の和食膳「鹿肉のロースト」

驚くほどに臭みがなく、食べやすい鹿肉!
ぜひみなさまもご賞味ください☆

プランのご予約はこちら ⇒ 【夕食グレードアップ】特選☆季節の和食膳と国産黒毛和牛サーロイン陶板焼きを堪能♪

今年も盛り上がりました!花輪ばやし

いつも湯瀬ホテル、スタッフブログをご覧のみなさまこんにちは!
本日は8月19日、20日に行われた「花輪ばやし」のご紹介です♪

前回のブログでもピックアップしましたが、
ここ秋田県鹿角市が誇る「ユネスコ世界無形文化遺産 花輪ばやし」が
今年も8月19日、20日と2日間にわたって開催され、多くの観光客を魅了しました!

今年はゲストとして「壇蜜」さんがここ鹿角市を訪れ、
大いに花輪ばやしを盛り上げてくれました☆

20日は時折雨がちらつくお天気でしたが、
若者たちはそんなのへっちゃら☆と言わんばかりに元気な演奏!
10町内の絢爛豪華な屋台と、リズムの良いお囃子が鹿角市を盛り上げてくれました!

花輪ばやしの特徴はなんといっても…

①絢爛豪華な10台の屋台!
②リズムの良いお囃子!

です!!!!
写真をご覧頂ければ、分かるように各町内の屋台には本当に細かな
装飾がたくさん施されており、まさに「絢爛豪華」!


▲絢爛豪華な屋台装飾

さらに常時演奏している「本ばやし」はなんともリズムの良いお囃子で
聞いている方もなんだか踊り出しそうな演奏です!
主な楽器は、笛、三味線、太鼓、鐘です!

鹿角市を大いに盛り上げてくれた「花輪ばやし」!
ここで日程のおさらいです☆

【ユネスコ世界無形文化遺産 花輪ばやし】
■毎年 8月19日~20日

開催日は日付固定なのでご安心を♪
今年も大盛況の花輪ばやし、「見てみたい!」と思った方は
来年ぜひいらしてくださいね☆

【鹿角を彩る】花輪ねぷた・花輪ばやし始まります!!

いつも湯瀬ホテル、スタッフブログをご覧の皆様こんにちは!
(今回のブログはちょっと長めですが最後までご覧ください♪)
いよいよ夏も折り返し地点を迎えましたね。。。
ここ東北各地では、夏の伝統行事が行われはじめました!

まずは8月2日からお隣の青森県で「青森ねぶた」が始まりますね♪
何台もの迫力満点な灯篭が「ラッセーラー」の掛け声と共に町中を練り歩く
東北地方でも指折りの祭典です!

さらには、湯瀬ホテルがあるここ秋田県鹿角市でも、夏を彩る伝統ある祭典が始まりますよ♪
その中でも、オススメしたい2つの行事を本日はご紹介したいと思います♪

《  花 輪 ね ぷ た  》
花輪ねぷた毎年8月7日・8日に行われる鹿角市の祭典。
王将に、地元花輪の各町内の絵師が自慢の腕を振るって巨大な絵を描き、その美しさや出来栄えを競う行事です。
参加町内は全部で10町内あり、その王将も個性的で見ごたえがあります!


▲駅前に集結した各町内の王将

この行事の最大の見どころはなんといっても、最終日この王将の絵を「焼く」ところ!!!
せっかく描いたのにもったいない…と思う方も多いと思うのですが、
これがまた風情があって、迫力があって、美しい風景が広がるのです!!!

最終日にには、王将を焼く際、花火も上がるので幻想的な景色をご覧頂けます♪

▲稲村橋上の燃え上がる王将と花火

《  花 輪 ば や し  》
花輪ばやしはここ鹿角市を代表する夏の祭典!
ユネスコの無形文化遺産に登録された伝統ある屋台行事です!
参加するのは10町内の絢爛豪華な屋台!各町内によって異なるデザインのこの屋台は、
平安時代から受け継がれた伝統ある屋台と言われています。

▲絢爛豪華な屋台が駅前に集結

毎年8月19日・20日に開催されるこちらの行事ですが、19日はいつも混雑しております。。。
つぎの日の20日は同じく駅前行事や屋台が町内を練り歩くのですが、
ゆっくりお囃子や屋台を鑑賞したい!という方には20日がおすすめです♪
駅前の桟敷席も20日の方が空いておりますので、地元人おすすめの穴場日です!


▲各町内の若者たちが自慢のお囃子の音を競いあいます

花輪ばやしの見どころはリズミカルなお囃子の音と、豪華絢爛な屋台!
常時奏でているのは「本囃子」という曲なのですが、実は各町内によって演奏が
ちょっと違うんです!そこも注目して聞いてみてくださいね♪

 ◆花輪ねぷた運行概要・交通規制図ダウンロード こちら
 ◆花輪ばやし運行概要・交通規制図ダウンロード こちら